滑舌が悪いのは歯並びのせい?

仲のいい友人なのだが、会話が時々噛み合わない時がある。その理由は、友人の滑舌が悪いことにあると私は思っている。友人は友人で、私の耳がおかしいからだと主張するのだが。そんなわけで、ちょっと離れた場所で会話しようものなら、九州の人と東北の人が会話するみたいにまったく噛み合わなくなることがある。



先日も友人が「団地妻か」と言ったのを、私は「ガンジス川」と聞き間違えた。友人は私の耳がおかしいとなじったが、私は私で彼女の滑舌が悪いせいだと譲らない。そのうえ周囲の人は「なんだその会話」とあきれ気味で変な空気が漂った。いい迷惑だ。その友人曰く、前歯が生え変わるときに無理やりねじって引っこ抜いたため、永久歯もねじれて生えてきてしまったのだそうだ。そのため、ねじ曲がった前歯と前歯の隙間から空気が漏れて滑舌が悪くなるらしい。

歯と歯列を守るための歯根膜活用術 - YouTube

彼女に限らず、滑舌が悪い人は歯並びも同じく悪いという人は多い。友人のように空気が抜けてしまうタイプもいるが、上あごと下あごがうまく噛み合っていないせいで口が大きく開けられずモゴモゴと聞こえるというタイプもいるし、前歯が出ているせいで唇がきちんと閉まらずマ行やバ行の発音が適当になるというタイプもいるようだ。まあ、それも個性と言えば個性なのだけれど。

顎骨嚢胞|慶應義塾大学病院 KOMPAS

次に友人に会ったらまた、「歯医者行け」「耳鼻科行け」の応酬になるのだろう。そういうやりとりを実は、ちょっとだけ楽しんでいたりする自分もいる。